善の循環

私がどうして634bodysalon(むさしボディサロン)を始めようと思ったのか、その理由のひとつをお話したいと思います。

私は今も空手指導をしていますが、競技の世界からは少し離れています。

それはなぜかというと、競技の世界は大変厳しいというのは当たり前の話で、ウラの話をしてしまうと皆さんがひっくり返ってしまうようなこともありますし、勝つためにはルールぎりぎりで戦わなくてはなりません。スポーツ・競技というものは勝つという目標のために行うのであって、健康のためというのであれば、それは体育ということになります。

簡単に言ってしまえば、競技の世界から離れたのはそれがちょっといやになってしまったからです。切磋琢磨するのはいいことですが、勝てばいい、勝つためには指導者も勝つコツを教えるとか、上位の者の自信をつけさせるためにそうでない者を練習台にしてしまうとか、非道徳なことが多いからです。

今、私はすべての生徒が生涯にわたって楽しめるような指導を心がけています。

少数のチャンピオンを育てるために、その他の者を犠牲にすることなく、ひとりひとりが楽しめることを最重要視しています。そしてこれこそが自分自身も成長していくことなのだということを知りました。

そしてそういう心がけでいると、不思議といろいろなところから素敵な方と知り合うチャンスが訪れるのです。空手だけでなく、すべてのことに対して善の循環が始まるのです。人を幸せにすると自分が幸せになるという確かな法則を感じるのです。

 

私はそういう善の循環の中で生きたいと思ったのです。そして整体というひとつの方法で人の喜びに貢献していきたいと思い開業しました。

 

私は常に人を喜ばすことをしたいという願いを持って日々施術にあたっています。

本当にいい御縁をいただける最高の仕事です。

これからも皆さんに喜んでいただけるように日々研鑽してまいります。

 

きょうもご精読ありがとうございました。

整体院や整骨院をお探しの方、634bodysalon(むさしボディサロン)にご相談ください。

阿部泰志でした。

関連記事

  1. ステイホーム

  2. 分離感

  3. 考え方で結果が変わる

  4. 当サロンにおいでいただきたい方

  5. 苦労や努力はしなくてはいけないのか?

  6. 生きるステージ

  7. 猫背と肩こり

  8. 浄化とふるい分け

  9. 摩擦を減らす