塞翁が馬

「人生楽ありゃ苦もあるさ……」というフレーズ、どこかで聞いたことありますよね。あの歌の内容はよく覚えていませんが、とにかくこの出だしのフレーズは子供のころから頭に刷り込まれてしまっているようです。

平坦な人生はない、そう思います。気が狂いそうなほど苦しい思いをしたり、無力感を感じたり。そうかと思えばすごく素敵なことが突然やってきたり。こんなに幸せでいいのかなと思うことがあったり。

人生はアップダウンの繰り返しです。いいことがあれば悪いこともあるし、辛いことが続いてもある日突然花が開くこともありますね。

プラスマイナスの糸が折り重なって一つの布ができるように、人生もまたさまざまな出来事、思いが交差し、絡み合い、紡がれていくのでしょう。

年上の大先輩からしたら、私のようなハナタレが何をわかったように生意気なことを言うかとお叱りを受けるかもしれませんが、ここのところ、本当にそういう気持ちが強くなっています。

「塞翁が馬」ということわざをご存知だと思いますが、この短いお話の中にも人生のアップダウンがわかりやすい形で示されています。

最悪の事態が起きたと思えば、それがいいことを呼び寄せたり、そうかと思うとまた最悪の事態が、しかし、そのことで命拾いをするとか、アップダウンの繰り返しですが、まさに人生そういうことが起きるのですね。

ですから、最悪の事態が起きたとき、こりゃもうだめだと思ったときでも、後になってみるとそのおかげで助かることもあります。

最悪のことが起きたと感じたときでも、それはそうではなく幸福の前兆かもしれません。

アップダウンのない人生がいいと思うかもしれませんが、アップダウンがあった方が楽しい人生だったと感じることができるのかもしれません。

人生万事塞翁が馬……

なぜかそういうことが頭をよぎる今日でした。

本日もお付き合いご精読ありがとうございました。

肩こりでお悩みの方、634bodysalon(むさしボディサロン・整体・武蔵村山市)にご相談ください。

阿部泰志でした。

関連記事

  1. 冷静な判断こそが身を守る

  2. トータルで

  3. 阿部泰志と泉川仙(芸名)の著作

  4. 幻肢痛(げんしつう)

  5. 小さなこと

  6. 言葉の力

  7. 苦は楽しいか?

  8. 保護中: 会員の皆様へ 6/22

  9. よい環境に身を置くこと