よい環境に身を置くこと

朱に交われば赤くなるという言葉があります。

人間にはミラーニューロンというものがあるそうですが、いつの間にか集団のカラーに染まってしまい、同じような行動を取るようになってしまいます。ですから、悪い環境にいれば悪くなりますし、よい環境に身を置けば自分もよくなるわけです。

これは健康になるためにも必要なことで、不健康な人といればその人をコピーしてしまいますし、健康な人といるといつの間にかそれもコピーしていきます。そしてその接触回数、接触時間が増えれば増えるほど近いものになります。

ですから私はテレビを見ないのです。

テレビはスポンサーからの資金供給でなりたっています。つまり資本主義企業の出先機関とも言えますし、洗脳機関とも言えます。

そして人間の一番気を引く恐怖を利用して視聴率を上げます。

知らないうちに染まっていくことがまずいのです。(あまり言うとゴルゴ13が来るといやなのでテレビの悪口はやめますが……)

恐怖に染まるということはつまりは病気になると言っても過言ではありません。

かつてヤクザ映画が流行ったとき、映画館から出てくる人の多くが肩で風を切って歩いたという笑い話のような本当の話と同様に、見ているものに染まっていくのです。

 

もし健康になりたいのならば、健康的なところに身を置くこと、愚痴や悪口、陰口を言う人たちとは一緒にいないこと。できればテレビも見ないこと、楽しいことを経験できるところにいることをおすすめします。

 

健康を取り戻してパフォーマンスの高い身体になり、メンテナンスに通っていただく方が多い634bodysalon(むさしボディサロン)はあなたのミラーニューロンを活性化して健康になることを可能にする場です。

痛みから一刻も早く逃げ出して健康な生活を送っていただく634bodysalon(むさしボディサロン)では急性・慢性を問わず腰痛や背部痛、その他すべての悩みに対してご相談を承ります。整体院をお探しなら一度ご相談ください。

武蔵村山市の整体院634bodysalon(むさしボディサロン)の阿部泰志でした。

今日もご精読ありがとうございました。

 

 

関連記事

  1. 悩まない

  2. ワクワクする投資

  3. 幻肢痛(げんしつう)

  4. 人生の優先順位

  5. いいね!

  6. トータルで

  7. オーケストラ

  8. 幸福論

  9. これだけで