電磁波

かなり前の話になりますが、私の知り合いで牧師さんをしている方がいらっしゃいました。その方はパソコンおたくで、私もその話題になると好きな内容なので、ついつい彼と長話をしてしまうことが多くありました。

ある日、その人と会ったときに、とても暗い顔をしていましたので、どうしたのかと思い、さりげなくその理由を聞いてみました。

そうすると、何ということか、奥さんが亡くなったというのです。そしてその死因がわからないというのです。

そして解剖までしたのに原因はわからなかったというのです。

しかし、彼に何か思い当たるふしがあったようで、家じゅうを電磁波測定器で測ったのだそうです。そうすると奥様の部屋では電磁波の高い数字が出たというのです。

奥様はいわゆる不定愁訴と言われるような状態をいつも訴えていたそうですが、彼の調査によるとどうも電磁波ではなかったかというのが一番強く考えられる原因だったそうです。

最近、なぜか電磁波のことが気になり、私も自分の家、サロンの中をくまなく電磁波測定器で計測してみました。(この電磁波測定器は放射能も測れるすぐれモノで価格もあまり高くありません)

そうすると冷蔵庫のあたりでかなり高い数値が計測されました。そしてサロンの中では高い数値は計測されませんでした。(安心)

高い数値の出るところには電磁波を中和するステッカーを貼り対策をしました。そして電子レンジはもう使わないことに決めて、捨ててしまいました。

というわけで、温めにチンという簡単なことができなくなりましたが、食事は余計に作らず、温かい状態でいただくようにしましたら、何と電子レンジなしの生活も可能だということがわかりました。

あまり細かいことを気にしすぎてもいけませんが、防げることは防いだ方がいいに決まっています。

オール電化のお家に計測器をお貸しましたら、すごかったそうです。

目に見えないもの、実はこれが相当怖いですね。

なんとなく調子が悪いというときには、目に見えないものも疑ってみてはどうでしょうか。それは電磁波かもしれませんし放射能かもしれませんし、空気や水かもしれません。

ほんの少しのことを改善することで体調が改善し、楽しい生活が送れるかもしれません。小さなことだとばかにしないで改善してみるとよいのではないでしょうか。

今日もご精読ありがとうございました。

阿部泰志でした。

玉川上水近くで整骨院・整体院をお探しの方、ぎっくり腰などの急性腰痛、慢性的な腰痛でお困りの方は一度634bodysalon(むさしボディサロン)にご相談ください。

関連記事

  1. ねんざの応急処置

  2. 氷が溶けるように

  3. 一回でズボンをはく

  4. 歩けないという辛さ

  5. ぎっくり腰と室温

  6. 痛みからの悪循環

  7. 幻肢痛(げんしつう)