ふるいにかけられる

今回の新型コロナウィルスの流行により世界は激震しました。人々の健康に対する概念、仕事のやり方、経済的な側面、さまざまなことに影響を及ぼしました。

一番重要なことは働き方に対する考え方ではないでしょうか。ネガティブに考えるだけでなく、実際にリストラされるなど間接的に被害を受けた方もいると思います。

ビジネスをする方も、例えば物の売り方にしてもチームのコミニュケーションのとり方にしても、さまざまな変化に対応しなくてはならなかったはずですし、現在も在宅ワークをしている方も多くいらっしゃると思います。

この新型コロナウィルスによってさまざまなことがふるいにかけられたのではないかとも思うのです。新型コロナウィルスが流行しなければ変わらなかったことも、一気に向かい合わなくてはならなくなりました。

わざわざ東京の真ん中の、経費がかかるビルの中で仕事をしなくてもよかったこととか、会社に利益をもたらさない社員がいたとか、経営者の判断力のなさとか、政治家の頭の中とか、いろいろなことが露呈したように思います。つまり今回の出来事でふるいにかけられたような感じがするのです。

ネガティブに考えれば新型コロナウィルスによって多大なる被害を被ったとも考えられますが、ポジティブに考えれば、経済のあり方とか、ビジネスのやり方とかを考えなおすいいチャンスが与えられたとも考えられるわけです。

経済的に多大なるダメージを受け、心身ともに病んでしまった人もいますのでポジティブになど考えられるわけはないと叱られてしまうかもしれませんが、私も自分が置かれた環境を見直すいいチャンスを与えてもらったと考えています。

恐怖に怯えた日々が何もなかったかのように日常を取り戻すのだと思いますが、まだまだ気を緩めずに生活しなくてはならないと思います。

外出自粛により感染者が激減したわけですが、その気持ちを忘れず用心して生活していきたいものです。

私のサロンも当初の予定どおり5月末日までお休みいたします。ご愛顧いただいています方々には大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

634bodysalon(むさしボディサロン・整体・武蔵村山市)の阿部泰志でした。

関連記事

  1. 善の循環

  2. 考え方で結果が変わる

  3. ブライトスポット

  4. ピンチはチャンス

  5. 免疫君

  6. 連鎖反応

  7. 原因と結果の法則

  8. 浄化とふるい分け

  9. 期待と現実