コインの裏

我々は今、暗闇の中をさまよっているような感じではないでしょうか。

明かりのない世界で、どちらに進んでいいのかもわからず、未来に希望もなく、仕事を失い、自ら死を選ぶ人も多いそうです。

しかし、物事、人生はコインの裏と表のように、いいことがあれば悪いこともあります。両方とも悪いことというのはないのではないでしょうか。

新型コロナウィルスで全世界的に大打撃を受けていますが、ピンチをチャンスに変えている人々もいるという事実があります。

例えば、リモートで仕事をするという新しいスタイルも悪いことばかりではないはずです。今までやればできたスタイルなのに、昨日の延長で今日を考えて生きてきた人々は、ここに来て急ターンを迫られているのでパニックになっているのです。

蓄えが底をつきお店を閉めるという飲食店のニュースなどがよく取り上げられていますが、同じ飲食店でも新しいスタイル、新しいメニューなどで切り抜けて、さらに進化しているお店もあるのではないでしょうか。

すべての飲食が悪い状況にあるのではなく、私の感じでは以前よりいいところもあるように感じます。例えばお弁当屋さんなどはお昼の時間には長蛇の列ができていたり、特徴のあるラーメン屋さんなどもお店の外に長い列ができていました。

新型コロナウィルスが社会全体の贅肉を削ぎ落とすような結果になっているというとお怒りになる方もいらっしゃるかもしれませんが、ダーウィンの言ったように、本当に強い生物は「環境に適応できるものだ」という考えは大切な気がします。

歴史的に見て第三波はとても強いと予想されましたが、日本では騒ぐわりにはコロナ慣れしてしまっているようにも感じます。

預金封鎖などは本当に起きるかどうかわかりませんが、自粛要請で食事を家でとなると、食料品はある程度確保しておいた方がよいでしょう。

この時期に新たなことを行うには勇気とリスクが伴いますが、この時期には新しい世界で新しい生活ができるような考え方と準備も大切ではないでしょうか。コインの裏が出続けても、必ず半分の確率で表が出る、夜明けの来ない夜はないという気持ちですごしていきたいものですね。

今日もご精読ありがとうございました。

634bodysalon(むさしボディサロン・整体・武蔵村山市)では玄関でアルコールでの消毒はもちろん、体温のチェックもさせていただいております。御協力よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 期待と現実

  2. どこに帰る?

  3. 無欲という欲

  4. ぎっくり腰と室温

  5. スタンダードを信じる?

  6. 悩まない

  7. 人生の優先順位

  8. ブライトスポット

  9. 恐怖心がIQを下げる