ぎっくり腰キター!

今の季節、昼夜の寒暖の差が激しく、しかもどんどん寒くなってきますね。

寒くなる、冷えるということは物理的法則から言っても動きが遅くなるわけですね。身体を循環している血液などの液体も当然循環が悪くなるということになります。

血液の流通が悪くなるということは各細胞にも酸素が供給されにくくなるわけです。ですからぎっくり腰の方も多くなってくるのですね。

ぎっくり腰の方で多いのが、寝起きで起き上がれなくなったという方が非常に多いのですが、それもつまり寝ているときに腰部の血液循環が悪くなっていたからと考えられます。特に寝返りをあまり打たない方は、夜中にちょっと目がさめたときに寝返りを意識的に打つとよいでしょう。

実は腰部の血流をよくするためには寝返りをたくさん打った方がよいのです。

それから多いのが、椅子から立ち上がるときに痛みが出るというものですが、これも椅子に腰掛けている間におしりをモゾモゾさせて腰部の筋肉を動かして血流をよくしておくというのもいいと思います。試してみてくださいね。

 

関連記事

  1. 腰痛の原因

  2. 栄養と思っていたが……

  3. 風邪は万病のもと

  4. 原因と結果の法則

  5. 発症の原因

  6. 腰痛予防、障害防止には足場を固めましょう。

  7. 腰痛と寝返り

  8. 腰痛における攻め(メンテナンス・トレーニング)と守り(改善整…

  9. 最大の栄養とは