ビシャスサークル

クライアントの方で、ひざの痛みがひどい方がいらっしゃいました。

右ひざを学生時代に痛めてしまい、それ以来、そこをかばって歩くようになってしまったそうです。

その結果、痛めた方をかばい、反対の足に負担をかけ続けてしまいました。反対のひざまで痛みが出てくるようになってしまったのだそうです。

まっすぐ歩くことができずに、身体を左右に揺らさないと歩行ができず、数分歩くと痛みが出て、その痛みがやわらずまで歩くのをやめなくてはならなかったそうです。

歩行と脚を拝見しましたところ、軽いO脚と足の外側加重による足首の軽い変形が出ていました。

さらにひざから腰部、背中まで突っ張った感じがするとのこと。

脚の各所に硬結ができていて、感覚マヒも出ていました。

634bodysalon(むさしボディサロン)の真髄、YA緩和法を使い、痛みを取りつつ、運動性を高めていきました。

数回の施術でひざの不快感も軽減し、長時間の歩行もできるようになったとのことです。

また背部痛も気にならなくなったそうです。歩行指導もさせていただき、歩く姿勢が美しくなりました。

 

一度不具合や痛みが出ますと、そこをかばおうとする身体の動きになります。

その結果、身体の歪みが生じてしまい全体のバランスが崩れていきます。そして新たなところに変形や痛みが出現してしまいます。 英語で言いますと「ビシャス サークル」、日本語では「悪循環」ですね。

ドミノ倒しのように不具合が連鎖してしまいます。

痛みをかばって身体が歪んでいるな、とか、反対側も痛みが出てきたな、というときにはぜひ634bodysalon(むさしボディサロン)にご相談ください。

ひどい腰痛やヒザ痛も、あきらめないで通っていただいている方は結果を出しています。

前向きに積極的に改善していきましょう。

 

本日は12/31日、2018年最後の営業でした。

お越しいただいたクライアントの方々、そしてこのブログを読んでいただいている皆様、どうぞ来年もよい年になりますように。

良い年をお迎えください。

来年は1月1日から営業。つまり年末年始お休みなしです!

身体の不調でお困りになりましたら634bodysalon(むさしボディサロン)へご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰(ギックリ腰)だけでなく、膝痛(ひざ痛)、肩こりなどでお悩みの方もご相談ください。

年末年始、気合で営業の634bodysalon(むさしボディサロン)阿部泰志でした。

ではまた来年(明日)(笑)

関連記事

  1. 何ということを……

  2. 早期発見、早期治療

  3. こわれないための工夫

  4. 幸福論

  5. よい環境に身を置くこと

  6. 小さなこと

  7. うつし

  8. 腰痛と寝返り

  9. 生きるステージ