最高のドクター

よくテレビなどで「神の手を持つドクター」みたいな特集をしていることがありますね。特に外科など、身体に刃物を入れるようなスキルは長い時間と経験がなくてはできません。さらに知識と患者さんと向き合う姿勢。自分の睡眠を削っても患者さんを助けるという心。素晴らしいです。

さて、ではどのドクターが最高かと言えば、私はこのドクターを推薦します。

その名は……

「ドクター・あなた」です。人間の身体は恒常性を維持するために、日夜、どんなときにでもあなた自身をチェックし、不都合があれば修復をしたり調整をしたりしてくれます。

簡単に言うと「自己治癒力」とも言えると思いますが、壊れたところや、病気になってしまった状態を元のいい状態に戻そうとしてくれます。

白血球などは外部からウイルスや細菌が入ってくればすぐに対応して、免疫をつくり、それらに対応します。抗生剤を処方してくれるドクターよりも的確に対応してくれます。

ちなみに抗生剤は抗菌剤であり、細菌には効くものがあるけれどもウイルスのように小さいものには効かないのです。それに抗菌剤は身体の中にいる常在菌も殺してしまうので、いいことばかりではなく身体を弱らせてしまいます。

怪我の手術や、がんの切除などはもちろん名医にお願いしたいところですが、内科的なことであれば、実は人類が何年にもわたって生き抜いてきた身体の防衛反応に任せるのがよいのではないかと思います。

私の経験でも、高熱が出て病院に行きましたが、すぐに点滴と抗生剤と呼ばれるものを処方されました。しかし、私はその薬は飲まずに1日で治りました。これで逆に抗生剤を飲んでいたらどうなったかと考えたら恐ろしい感じになりました。

手術などは仕方がありませんが、それ以外でしたらなるべく身体の自然な反応に任せるということも大切だと思います。身体にいるドクターが熱を出してくれたりせきを出してくれて治癒させてくれているのを、お薬で治そうというのは、実は原因を取り去っていない、あるいはいいものも殺してしまう可能性があります。ちょっと乱暴なことだと思います。

今は新型コロナウイルスの影響で熱が出てもなかなか診てもらえないかもしれませんが、微熱であれば、水分をしっかり取って身体が快方に向かうのを待ちつつ最高のドクターに任せることも必要ではないでしょうか。

今日もご精読ありがとうございました。

整体をお探しの武蔵村山市・玉川上水・国立音楽大学のお近くにお住まいの方、634bodysalon(むさしボディサロン・整体・武蔵村山市)がございます。

阿部泰志でした。

関連記事

  1. コインの裏

  2. ぎっくり腰と室温

  3. 保護中: 会員の皆様へ 6/22

  4. 連鎖反応

  5. よい環境に身を置くこと

  6. 原因と結果の法則

  7. 変化と抵抗

  8. パワーストーン

  9. 人生の優先順位