コンフィデンスマン

「コンフィデンスマンJPプリンセス編」を観てきました。

コンフィデンスマンのCMをテレビかYouTubeで見たから、とても気になってつい映画館に行ってしまったという話なのですが。

コンフィデンスマンとは詐欺師のこと、私普段はテレビを見ないので、それがテレビ番組としてあったことも知らず、映画館でパンフレットを購入してから知ったのです。

内容はとてもおもしろかったので、帰ってきてからアマゾンプライムで「ロマンス編」まで観てしまいました(笑)。

まあ、詐欺といえば、今や「オレオレ詐欺」がすぐに頭に浮かぶところですが、自分の常識、思い込みを強く持っている人ほどコロッとやられてしまうようです。

この「コンフィデンスマン」を観ていても、自分の思い込みをコロッと引掛けられて騙されてしまい、久しぶりに愉快な思いをしました。

この映画を観て、やはりいろいろな角度から物事を見ておかないと騙されてしまうなと感じたのです。

今日、営業電話がかかってきました。たいがい、詐欺的営業の場合、携帯のナンバーからかけてくるのです。こちらはお客様かもしれないということで対応をせざるを得ないのです。

「すみません、整体の内容について伺いたいのですが……」ということなのでお話をせざるを得ないのですが、大体お客様ではない偽物。

「おお、コンフィデンスマンか?」と。

大体ですね、本当に身体の不調でサロンのことを知りたかったらホームページに大体書いてあるんですから、必死に読みますね。これを「うかがいたい」なんていうのは大体、90%コンフィデンスマンです。

当社は福利厚生の何とかで、超有名企業の何とかで、選ばれた整体院にしかご連絡を差し上げないので……

はいはい、もうわかりましたよ、コンフィデンスマン!

「ではそれらの内容をきちんとしたパンフレットで送ってください」と言うと、それはちょっと事前に資料をお渡しすることは企業様のお名前が出てしまうと云々……

「永年で、月々3万から4万でお客様をご紹介するという……」

「もういい、コンフィデンスマン」と言いたくなりました(笑)。

年間で50万円も払って、来るか来ない、しかもご紹介した後はご自身でお客様に対応していただいてって(笑)。

「先生のように身体のことをよくご存知の方をお探ししていて、巷の大型チェーン店のようにアルバイトを使って、身体のことをよく知らない人を施術するようなところではなく……」

そもそも、俺のこと知らねえだろ(笑)って。

何か必死に人を騙そうとしているその人に、違う仕事をした方がいいよって、心の中で祈りました。人は与えたものが与えられるものという人生のルールがありますからね。

皆様も、いい話があったら十分に気をつけてください。

追伸

コンフィデンスマンJPのコマーシャルにGACKTが出ていたので「観たいな」と思う気持ちに拍車がかかったのですが、友情出演でほんの一瞬。

まさにコンフィデンスマン、一本取られました。

ときどき「介護の仕事をしてまして、こちらに来ました」という人がいますが、同業者またはその関係者の方が見えることがあります。どんなことをしているか知りたいのか技術を盗みたいのか知りませんが、はっきり言えばいいのになって、わかっちゃってるのに。

鍼灸の先生なんかで、プロの方もお見えになりますが、はっきり言ってくださる方は気持ちがとてもいいです。技術のシェアもいたします。

「うそをついたり人を騙したりすると閻魔様に舌を抜かれるよ」と言われました。

それを教えてくれた人も嘘をついている可能性がありますね(笑)。

残暑厳しき折、お体ご自愛ください。そしてコンフィデンスマンにもお気をつけください。

本日もご精読ありがとうございました。

武蔵村山市の整体院、むさしボディサロンの阿部泰志でした。

関連記事

  1. 夜の整体師

  2. ITAKIMO

  3. パワーストーン

  4. 神の手