柔軟性は1つの指標ですが…

サラさんという美しい女性が横田基地から通ってきてくださっていました。

体調不良になることが多く、いいカイロプラクテターを探していたそうですが、なかなか出会うことがなく私のサロンにお越しになりました。

身体の感覚や表現方法が違うので最初は少しとまどいましたが、とても満足していただいて毎週来ていただきました。

この写真は初日の柔軟性を見るためのもので、側屈と後屈の比較写真です。柔軟性が出ればいいというものではありませんが、施術が終わったあとにサラさんは柔軟性が上がっただけでなく、非常に身体が楽になったと大変喜んでいただきました。

アメリカ人はある意味正直にモノを言いますから、だめならダメ出しが出ますし、リップサービスしてもらっても次回は来ませんので結果を出さなくてはなりません。

お仕事の都合でアメリカに戻るまで毎週欠かさずに来てくださいました。

そんなサラさんとフェイスブックでやり取りをしているときに「写真使わせていただいていいですか?」と聞きましたら快くOKしてくださいましたので使わせていただきます。

今日もご精読ありがとうございました。

武蔵村山市や立川市、東大和市周辺、玉川上水駅近辺で整体院をお探しの方、不定愁訴をお持ちの方、アメリカ人で身体の不調に悩んでいる方は634bodysalon(むさしボディサロン)にご相談ください。阿部泰志でした。

関連記事

  1. ショックが入る

  2. 苦は楽しいか?

  3. 保護中: 真月流空手会員の皆様へ2021/03/29

  4. テンセグリティ構造

  5. すぐれた整備工

  6. 無欲という欲

  7. 足で腰?

  8. 武蔵村山腰痛治療634bodysalonオーナーの阿部泰志と…

  9. 「めんえき」ってなんだ?