日本整形外科学会・日本腰痛学会による腰痛の原因とは

日本整形外科学会・日本腰痛学会監修「腰痛診療ガイドライン」によりますと、腰痛の85%は非特異性腰痛というものだそうです。以下抜粋いたします。

 

非特異性腰痛は明らかな原因のない腰痛を総称する言葉である。画像上の脊椎変性所見は症状と必ずしも一致しないため、一般的には非特異性腰痛の範疇に入れる場合が多い、下肢症状を伴わない腰痛の場合、その85%では病理解剖学的な診断を正確に行うことは困難である。

つまり、原因を特定できないものが85%とするならば、ヘルニアの手術をしたけれども改善しない方がいるということも理解できますね。

原因の明らかな腰痛は何かというと、同書では「腫瘍」「感染」「外傷」の3つが特に重要であり、その他、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「脊椎すべり症」など、神経症状を伴う腰椎疾患もこれに含まれるとしています。

 

関連記事

  1. 恐怖からブライトスポットへ。

  2. 言葉の力

  3. 痛くして守る

  4. 氷が溶けるように

  5. 腰痛・ぎっくり腰を治すには……

  6. 発症の原因

  7. 椎間板ヘルニアと腰痛

  8. なぜ遅くまで営業するのか

  9. テンセグリティ構造